この教室は私の目的に適っているか?私の問題を解決してくれるか?

この教室は私の目的に適っているか?私の問題を解決してくれるか?

生徒募集のいろは

お客さんの視点

「このスクールは私の目的に適っているか?」
「この教室は私の問題を解決してくれるか?」

お客さん(見込み客)は、この視点でスクール・教室を探しています。
“こんな教室を探してた”と言えるスクールに出会えることを期待しています。

スクール・教室側の視点で一方的に強みや良さを伝えるのではなく、お客さんの視点で、お客さんが知りたがっている情報をお客さんに寄り添って伝えることが大事です。

そのためには、

お客さんが何を考えているか、どんな問題を抱えているか、何を求めているか、どんなことに喜ぶかを知る必要があります。

お客さんが主役

私のスクールが一番良いです!私の教室は指導法が最高です!他の教室に行ったら後悔しますよ!と大声で叫んでいても誰も振り向いてくれません。それどころか、ここのスクールは胡散臭いと思われて、候補から外されます。

スクール・教室を主役にして話すのではなく、お客さん(見込み客)を主役にして話すことが大事です。

こんなことで悩んでいませんか?
あなたの問題を解決する解決策がここにありますよ!

●●の専門スクールです。
あなたが目的を達成する近道を提供しますよ!

といった感じです。

お客さんのニーズ

習い事教室では、目的別の専門コースを用意することも効果的です。
通常のコースに加えて、細分化した目的を達成するための専門コースも用意できれば、選んでもらえる可能性が高くなります。

自分が伝えたいことを伝えるのではなくて、相手が知りたがっていることを伝える。
自分が提供したいレッスンではなく、相手が求めているレッスンを提供する。

お客さん(見込み客)のニーズを徹底的に調査することが、教室づくり、生徒募集で最も大事になります。

まずは生徒募集のお悩みを
980円で相談してみませんか?

教室のこと・ホームページのこと・生徒募集のこと・オンラインレッスンの始め方・マナブコトのサービス内容のことなど、Zoomで何でもご相談いただけます。
※通常1回45分6,000円のところ初回980円キャンペーン開催中

タイトルとURLをコピーしました